徳島新聞社グループ株式会社アラキ工芸社

会社案内


代表挨拶

さらなる成長を目指し、
アラキ工芸社から新社名『アイデル』へ

私たちは総合広告会社として、裏方で多くの企業プロモーションに関わり、大規模なイベントや学術会議に携わってきました。

例えば、阿波踊り、はな・はる・フェスタ、とくしまマラソン、病院フォーラム、NIE全国大会、ビジネスチャレンジメッセ、とくしまLEDフェスタ、マチ★アソビ…

2013年3月に徳島新聞社グループとなり、イベント部門は新聞社と連携を深め、増収増益で順調に推移しております。メディア部門ではセールスプロモーション(SP)が軌道に乗っております。

私たちは、さらなる事業領域の拡大を図るため、2015年4月から社名を『アラキ工芸社』から新社名『アイデル』に変更しました。
アイデルとは、“理想的な…”という意味ですが、『信頼』・『藍』・『私』・『アイデア』と言った意味も含んでおります。

順調に業績を伸ばしていますが、現状に満足することなく環境変化の中でも高い成長を続ける企業を目指しています。